ホーム > ラウンド本番 > 【ゴルフスコア調査】経験スポーツ毎の初ラウンドスコア。最もスコアが良かったのは意外にも元〇〇部!?

【ゴルフスコア調査】経験スポーツ毎の初ラウンドスコア。最もスコアが良かったのは意外にも元〇〇部!?

「ラケットやバットをスイングするスポーツをやっていた人は、ゴルフの上達が早い」
「体幹が鍛えられるスポーツの経験者は軸がブレにくい」
など、他のスポーツの経験がゴルフのスイングに影響を与えるという話を耳にすることはよくありますよね。
ですが、果たして本当に経験していたスポーツがゴルフのスコアに影響するのでしょうか?
今回「ゴルフ初心者向けガイド」は20代〜40代の男女200名を対象に、独自でアンケート調査を行いました。
あなたが所属していた部活の出身者は、どのくらいの平均スコアだったのでしょうか?
そして、どのような悩みを抱える傾向にあるのでしょうか?


【出身部活別】初ラウンドスコア選手権。スコアが良いのは何部出身者?

私のイメージですけど、やっぱりゴルフに一番似てるスポーツって野球ですよね。
スイングの動きがそっくり。
うん。プロゴルファーとしても有名なジャンボ尾崎こと尾崎将司プロは、実は元プロ野球選手だったしね。
ゴルフと野球が親和性の高いスポーツと言われているのもうなづけるね。
でも元バレー部の私としては、やっぱりバレー部に頑張って欲しいです...!
果たして初ラウンドでのスコアが最も良かったのは、野球部出身者なのか?
今回の調査では、20 - 40代の様々な部活の出身者200名を対象にアンケートを行いました。
ちなみに、全体での初ラウンド平均スコアは約145.7だったにゃ!
さて、出身部活別に見た初ラウンドでのスコア調査結果はどうなっているのでしょうか。
こちらがその結果です。

スコアが最も良いのは元野球部ではなかった?飛ぶ方向への意識が重要

平均で見ると、意外にも元サッカー部の人たちが、初ラウンドで最もスコアを出していました。
なぜ今回の調査では元サッカー部員の平均スコアは、野球部よりも良い傾向だったのか?
日本プロゴルフ協会 加藤 隆之 ティーチングプロはこう話します。
まず野球とサッカーではフィールドの形、広さの違いがあります。
些細な違いのようですが、この違いはボールを打つ方向への意識に影響している可能性があります。
野球のスイングにおいては打ち出し角が広く、ファウルラインを割ってしまっても大きなミスと考えられません。
一方サッカーはサイドラインの幅が狭く、ラインを割ってしまうと相手ボールになるというミスになります。
ボールの扱い方に差はあれど、サッカー部の方がボールを飛ばす方向に対しては敏感と言えるのかもしれません。
また、野球とゴルフではスイング時の重心位置に違いがあります。
右利きの場合、野球のスイングは基本右足重心であるのに対して、ゴルフのスイングは左足重心になります。
サッカーのキックは、ゴルフと同じ左足重心となるため、重心移動がしやすかったのかもしれません。
ちなみに私の経験上、野球部の中でも特に投手だった人は良いスイングをする傾向があります。
バッティングは投手が投げてきたボールを打ち返すという受動的な動作であるのに対して、ピッチングは自分で動力を生み出さなければいけないという能動的な動作という違いがあると加藤プロは語りました。

テニス、卓球、バドミントン部の特徴。動きの有無と握り手がゴルフと異なる

今回初ラウンドのスコア調査では上位に入ることは出来なかった、卓球部、テニス部、バドミントン部。
これらのスポーツの共通点は、全てラケットでボールを打つスポーツであるという点です。
道具をスイングしてボールを飛ばすという点ではゴルフと共通していますが、なぜこのような結果だったのでしょうか。
ラケットスポーツのスイングとゴルフのスイングには、大きく2つの異なる点があります。

1. ボールの動きの有無

まず、ラケットスポーツは相手のボール(シャトル)の動きに合わせてスイングするのに対して、ゴルフでは動かないボールを静止した状態で打つスポーツです。
静止したボールを打つのは簡単に思えますが、ボールが運動エネルギーを持たないため、道具と身体を上手く利用しないと反発力が生まれず、ボールを飛ばすことができません。

2. 握り手が逆

またラケットスポーツとゴルフでは、スイングの際にメインで使う手が逆、という点も異なります。
右利きの人を例にとって見てみましょう。
ラケットスポーツでスイングをする際には、右手でラケットを持ちボール(シャトル)を右手で打つのが基本です。
一方ゴルフのスイングは一見両手でクラブは持っているように見えますが、実は左手で振るのが基本なのです。ほとんどの市販ゴルフグローブが左手用なのはそのためです。
ラケットスポーツ経験者がゴルフを始めたばかりの頃は、この違いに慣れるのに苦労します。
これらのスポーツの経験者でこれからゴルフを始めようという方は、まずはこれまでのスイングとゴルフのスイングとの違いを知りましょう!

初心者はどのような悩みを抱える?所属していた部活によって悩みは様々

さっき元バレー部って言ってたけど、ゴルフ初心者時代って何に悩んでた?
私まだまだ絶賛初心者ですけど...。
悩みは色々ありますけど、特にボールがあっちこっちに飛んでちゃって苦労してます。
「ショットの方向」で悩んでるんだね。それも初心者に一番多い悩みの一つだよ。
「ゴルフ初心者時代に抱えていた悩み」について聞いてみたところ、全体では以下のような回答結果になりました。
全体で多かった悩みを見てみると、
  1. 思った方向に飛ばない(59名 ≒ 30%)
  2. スイングのやり方がわからない(23名 ≒ 12%)
  3. 他人の目線が気になる(21名 ≒ 11%)
でした。
また、所属していた部活別にゴルフ初心者時代の悩みを見てみると、部活によって悩みの傾向が大きく異なることが分かりました。

サッカー部と野球部の悩みの違い。元野球部はショットの方向で悩む?

初ラウンドでの平均スコアが高かった野球部とサッカー部を比較してみると、「ショットの方向」で悩んでいるのは、野球部が55%、サッカー部がわずか23%でした。加藤プロのコメント通り、やはり野球部とサッカー部では、重心の違いやボールが飛んでいく方向への意識の違いがあるのかもしれません。また全部活で見てみても、「ショットの方向」で悩んでいる人の割合は野球部が断トツで高いようです。元野球部の方々はスイングという動作に慣れている分、飛距離を出すことには長けているのかもしれません。
しかし飛距離が出るということは、方向の多少のズレがOBなどのミスにつながりやすいということでもあります。
元野球部の方はこちらの記事で、まっすぐショットを打つためのコツについて学んでみて下さい!

バスケ部、バレー部、帰宅部はスイング慣れしていない?

「ショットの方向」の次に多かった悩みが、「スイングのやり方がわからない」でした。
そして「スイングのやり方が分からない」と回答した人の割合が多かったのは、いずれもスイングとは無縁の部活出身者でした。
これらの部活出身者は「道具を使ってボールを打つ」という動作に馴染みが無かったため、スイングの形自体に正しさを求める傾向があるのかもしれません。 スイング動作の経験が少ないまま我流で始めてしまうと、慣れるまでに長い時間を要してしまったり、誤ったスイングの形を身につけてしまう危険性があります。
一度体験レッスンに行き、自分のスイングを客観的に見てもらうのが上達への近道です。もし自分のスイングにしっかりと向き合ってくれるコーチに出会えたならば、レッスンに通い上達を目指すのも一つの手です。
これまでに経験していたスポーツによって、ゴルフを始める時に抱える悩みは様々です。 自分がやっていたスポーツの経験者は、ゴルフでどのような点につまづくのか、それを知っておくだけで今後の成長速度は大きく変わってくるはずです。
この記事を監修してくれたコーチ

公益財団法人 日本プロゴルフ協会
加藤 隆之ティーチングプロ
他の人はこの記事も読んでるにゃ〜