ホーム > 練習をする > ゴルフ初心者がラウンドデビューするまでの練習について。練習場の種類とマナー、必要な道具

ゴルフ初心者がラウンドデビューするまでの練習について。練習場の種類とマナー、必要な道具

いつか、自分も華麗なるラウンドデビューをしたい!!! だけど、今の自分の実力でラウンドに行っても良いのかな…?もしかしたら、ゴルフ上級者や一緒にラウンドする人の前で大恥をかいてしまうかも…?!なんて、考え始めたら心配事はつきませんよね。 そのために練習しようにも、ゴルフ初心者が一人きりで打ちっ放しなどの練習場に行くこと自体なかなか勇気がいるもの。結局、練習不足でラウンドデビューしてしまい、悪目立ちをしたり、一緒にラウンドする人に迷惑をかけてしまうことに…。 じゃあ、一体ゴルフ初心者はどう練習を進めていけば良いの?!! ということで、今回はゴルフ初心者がラウンドにでるまでの練習方法や練習場所、そして、ラウンドデビューするまでの実力の基準についてご紹介します。ラウンドで求められるゴルフのレベルを理解してから、自信を持ってデビューしてみてはいかがでしょうか? 練習でしっかりと実力をつけた上で、スマートにラウンドデビューをしましょう!

ゴルフ初心者はまずどこに行って練習する?ゴルフ教室や練習場に行くのが基本



ラウンドデビューに向けて練習するぞ〜!!先輩、また色々と教えてください!
OK!
今回は練習方法の種類について教えていくけど、詳しいスイング練習の仕方についてはこの記事を見てね。
ゴルフの練習方法は基本的には2つあって、先生が教えてくれる教室に行くか、自分で練習場に行くかのどちらかだね。
ゴルフの練習は、教室か自主練習なんですね。う〜ん、教室は費用もかかってくるからちょっと悩むなぁ…。…あっ、良い方法を思いつきましたよ先輩!!
お!なんだい?
ゴルフ上手な先輩が私と一緒に練習場に行って教えてくれれば良いんですよ!もちろんお礼もしますんで!(出世払いですけどね…ひひひ)
(にゃ?心の声が聞こえてきたようにゃ…)
うーん、できれば僕も教えてあげたいところなんだけど、ゴルフが上手くても初心者に教えるのが上手いかどうかは別問題だからな…
ん〜やっぱり教え方が上手い人に教わった方がいいですもんね。そうなると初心者はゴルフレッスンに行くのが必須ですかね。
レッスンは基礎から応用まで、ゴルフのいろはを学べる場所だからね。
ちなみにゴルフレッスンは練習場内はもちろんのこと、ジムやヴァーチャルゴルフなど室内の施設でも受けられるところがあるよ。
へえ〜ジムにもゴルフのレッスンがあるんですか!
場所によるけどね。ちなみに打ちっぱなしの練習場は自主練習に向いてるから、自分の練習方法がわかってからの方がうまく活用できるよ。場所によっては通常のショット練習に加えて、バンカーやパターの練習も可能だよ!
(バンカーはゴルフコースにある砂のエリアことだにゃ)
練習場にも色々な種類があるんですね!アスレチックみたいでちょっと楽しそう。
ドライバーやアイアンだけじゃなくて、こういう実践的な練習もラウンドに出る前に経験しておきたいね。

ゴルフ初心者はどう練習すれば良いの?教室で学び、練習場で試すべし

初心者に一番オススメな練習方法は、まずゴルフ教室などで初心者向けのスイングレッスンなどを受けて、それからレッスンで習ったことを打ちっ放しなどの練習場で試すという方法。
初心者はレッスンで学んだことを練習場で実践する方法が良い…と。メモメモ
基本的な打ち方などの基礎を知らない状態で一人で練習に行っても、あまり効率が良い練習にはならないからね。理想は、ゴルフ教室で習ったことを意識しながら練習場で練習して、課題や悩みを見つけたらまたそれをレッスンで講師に聞いてみるって方法!
ゴルフのスイングを習って、練習して、改善点を見つけて、また練習して…っていうスイングの練習を繰り返すうちに上達するんですね!
そうだね!練習での自分の動画をスマホなどで録画して、ゴルフ教室の講師にみてもらえれば、より悩みを正確に伝えやすくなるよね。
確かに、まだ初心者なので自分の悩みを上手く言葉にできなさそうなので、自分のスイング動画を撮って見せられると説明不足でも伝わるかも?ボールをもっとスカーン!って前方上空にカッコ良く飛ばしたいんですけど…とか
そうだね。教室の講師には何回もお世話になるから、自分が相談しやすい人かどうか体験レッスンで確かめて見るのが確実だね。
講師との相性はサイトだけじゃわかりませんもんね…。誰かに教わった方がモチベーションアップになるかもしれないし、せっかくなので家の近所にあるところを探してみることにします!
仕事帰りにふらっと立ち寄りたいなら、まずはアクセスの良い場所から探してみよう!
都内駅近レッスン「サンクチュアリ ゴルフスクール」
いざ打ちっぱなしで練習する時は、初めは経験者と一緒に行くことがオススメだよ。受付や練習の流れなど隣で学びながら、自分のペースで練習してみよう。
習うより慣れろってやつですね!
人によっては1回ですぐ打ちっ放しの雰囲気に慣れる人もいるからね。練習場では世話好きなおじさんのレッスンが突如始まることもあるみたいだけど、望まない時は「教室で習ったことで頭がいっぱいなので、お気持ちだけ」とか上手くかわすなりそのまま教わるなりして練習を続けてね。
え…それって所謂ナンパってやつですよね?
打ちっ放しのゴルフボールと同じで、一方通行のことが多いみたいだけど。
誰がうまいこと言えt...
まとめるにゃ!
初心者に一番オススメな練習方法は、ズバリこの流れだにゃ 「ゴルフ教室でスイングレッスンを受ける→打ちっ放しなど練習場で自主練習」
この繰り返しをすることで実力が上達していくにゃ。
レッスン講師に見せる為に、自主練習中にスイング動画を撮るのもオススメにゃ!

どれくらい上達すればラウンドデビューできる?インパクト率やコントロールなどを基準とすると良い

私は練習するからにはやっぱり目標があった方が燃える派なのですが、どのくらい練習すればラウンドデビューするのに恥ずかしくないとか…なにか目安みたいなものってあるんですか?
良い質問だ。自分がラウンドデビューできるかを判断するための基準は主に2つ。インパクト率とコントロールの正確さで決めるのだ!!
ラウンドデビューの基準は、インパクト率とコントロールの正確さで決める?
そう。初心者は飛距離の方を気にしがちだけど、実際のラウンドは飛距離よりも、インパクト率とコントロールの方が重要!ゴルフ初心者が初めてラウンドに出ると、練習場と違うから空振りをしたり、地面を打ってしまったりすることがとても多いからだよ。
目安としては、8割程度狙った方向に飛ばせるようになること!
ボールが8割程度狙った方向にしっかり飛ばせるかどうかが、ラウンドに出れるかどうかの基準なんですね。
その通り!例えば、野球のバッターならスイングのスピードを極めただけより、相手の隙をついてしっかりと狙った方向に打てる人の方が良いでしょ?コントロールができるようになったら飛距離も大切になってくるけど、打率とコントロールが悪いとアウトやボールばかりで試合にすらならないよね。
確かに!ゴルフも野球と同じで、初めはボールを遠くに飛ばすことよりも、毎回しっかり当てて、飛ばしたい方向に飛ばせる方向の正確さが大事なんですね。
さらに言うと、ゴルフはミスが多いとその分沢山打つ必要があって、本当に後半ヘトヘトになってしまうんだよ…。初心者のうちは特にね。例えば、全て「パー」というゴルフで規定の打数と同じ打数でいける上手い人でも1回のラウンドでのスイング数は全18ホール×1ホール4打=72打もあるんだよ!
えっ、ゴルフって1回のラウンドで72回もボール打つんですか?!
上手い人で72打ね。初心者は2倍以上の150打を超えることもざらにあるから、これを少しでも減らすために空振りをしないことと、まっすぐ飛ばすことを意識して練習することが必須になってくるよ。
ひえ〜〜〜私の体力は大丈夫かなあ…心配になってきた
ミスをすると体力が奪われてさらにミスをするという悪循環にハマるからね。8割方は前に飛ばせるレベルになってからラウンドデビューしよう!
(ハマってしまうと大変だにゃ…)
逆にいうと8割方前に飛ばせさえすれば、ちゃんとピンに近づいて行くわけだから、コントロールさえ大幅にブレなければスイングも安定して良いサイクルに入れるわけだね!
そうですよね!早く上達したいし、まずは良い教室を見つけれるよう頑張ります!
まとめるにゃ!
初心者がラウンドデビューできるかを判断するための基準は、 「全体の8割程度しっかり当てって狙った方向に飛ばせる」かだにゃー。
フルコースでのスイング数は、初心者の場合おおよそ150打数前後。 ミスショットで無駄な体力を消費しない為にも、インパクト率が安定し、しっかりとコントロールして打てるようになることを第一目標にするにゃ!

まとめ

初心者に一番オススメの練習方法は、練習場とゴルフ教室をハイブリットで活用すること。 まずはゴルフ教室に通い、教室で教わったことを打ちっ放しなどの練習場で自分で試し、見つけた課題や疑問を再び教室の講師に聞いて徐々に改善していく…という流れがベストです。この方法なら、時間もお金も有効活用できるのではないでしょうか。そして、ラウンドデビューするか否かの基準は、インパクト率とコントロールで判断! 初心者のうちはボールを飛ばしたい願望をぐっと抑えて、まずはしっかりと当てて狙った方向に飛ばす練習が最優先。インパクト時の当たりが良ければ無理をしなくても徐々に飛距離も出せるようになってきます。焦らず、まずはラウンドデビューを目標にコントロールの練習に励むと◎ こっそり上達して、一緒にラウンドする人たちを驚かせちゃいましょう!
他の人はこの記事も読んでるにゃ〜