ホーム > 道具を揃える > これからゴルフ道具を揃えるあなたへ。練習とラウンドで必要な道具まとめ

これからゴルフ道具を揃えるあなたへ。練習とラウンドで必要な道具まとめ

「とりあえずゴルフクラブはもらったものの他に何を準備すれば良いんだろう?」
「今週末ラウンドなのに、まだ何も準備してない...!」
「ゴルフ道具って色々種類があるけど、スコアアップに繋がるものが欲しい!」

どんなスポーツでもまずは道具を揃えることが初心者としての第一歩ですが、ゴルフは特に揃える道具が多いスポーツの一つです。しかし、とりあえずゴルフショップに行って買うものを探そうとすると、初心者には不必要なものを買ってしまったり、逆に必須な道具を買い損ねてしまったりします。
それだけゴルフ道具には多くの種類があるのです。そしてそれだけの種類があるということは、正しく必要な道具を選べるか次第でスコアが大きく変わってくるということでもあります。だからこそ、自分に必要な道具をきちんと理解した上で賢く買い物をして、華麗なラウンドデビューを飾りましょう!


ゴルフの魅力を教えてもらって、モチベーションがあがってきたので、早速こないだゴルフショップに行ってきました!
だけど、結局 何を買えば良いのかわからなくて、何も買わずに帰ってきちゃいました
道具の種類に圧倒されちゃって何も買わなかったんだね。ちなみに、その日は何を買おうと思ってたの?
とりあえず打ちっぱなしに必要そうな道具を揃えようかなと思ったんですが...
けど、お店でいきなり道具を選ぼうとしても選び方がわからないし、かと言って、一式揃えようとすると高額な費用がかかるので、私のお財布が怒ってもう2度と口を開いてくれなくなります…
銀行口座もびっくりしてフリーズしちゃうだろうし…正直困っています…

あぁ、誰か、
君の心からの叫び、しっかりと僕に届いたよ。
そんな君のために、元・初心者の僕が 最低限必要な道具の種類道具の選び方のコツしっかりと丁寧かつわかりやすく伝授しよう!
頼もしいです!私のお財布のご機嫌を損ねないよう、是非とも現実的な「ゴルフ道具購入計画」をお願いします!!
ゴルフ道具って何をどう揃えるの?!
という初心者の漠然とした疑問。そんな疑問を持つのも無理はありません。なぜなら、ゴルフ道具には細かな道具も含めると、ものすごい種類があるからです。
経験を重ねてゴルフにも慣れてくると、実は人によって必要だと思う道具は変わってきます。
けれどそれを細かく挙げていくとキリがないので、
まずは大きく 練習で必要な道具ラウンドで必要な道具の2種類に絞って見ていきましょう!
初心者がまず最低限揃える必要のある道具をリストアップすると…

必要な道具リスト

  • クラブ4本(ドライバー、7番アイアン、ピッチングウェッジ/アプローチ、パター)
  • クラブケース
  • ゴルフグローブ
  • ゴルフシューズ
  • 帽子
  • ティー
  • ゴルフボール
  • マーカー

練習のために必要な道具は?まずは最低限必要なクラブを用意すればOK

まず練習を始める為には、
3種類のゴルフクラブ( ドライバー、7番アイアン、ピッチングウェッジ
ゴルフクラブを持ち運ぶ クラブケース
ゴルフシューズ
ゴルフグローブ
の6つが必要です。

練習で必要なゴルフクラブ

練習では、ラウンドでもよく使用するこちらの3本のクラブを用意しておきましょう。
クラブのヘッド(先っぽの部分)に書いてある番号を見ることで、クラブを見分けることができます。
ドライバーにはクラブを見分けるための番号は付いていませんが、最もヘッドが大きなクラブだと覚えておけば見分けが可能です。
あれ、こないだお店に行った時はもっと沢山のクラブがあったのに、どうして練習で必要なのはこの3本なんですか?
ゴルフクラブをアイドルグループに例えてみよう。
グループを引っ張ってくれるパワフルなエース(ドライバー)と、
オールマイティーに活躍してくれるメンバー(7番アイアンとピッチングウェッジ)
の3人を選抜して集中的に育てていこう!ってことだよ。
…ゴルフをするのに、ドライバー、7番アイアン、ピッチングウェッジの3本は他のクラブよりも特に大事だってことですね。
クラブが使い分けられるのも良いスコアを出す上では大事なことだけど、
全てを中途半端に練習するよりは、重要なクラブから練習した方が上達は早いよ。
飛ばしたい距離に合わせて、それぞれのクラブを使い分けると良いでしょう。
数あるクラブの中でも、ドライバー、7番アイアン、ピッチングウェッジは、それぞれがラウンド中に特に大事な役割を持っています。
飛距離はクラブの種類で調節することもできますが、 スイングの振りかぶりの大きさで調節することも可能なので、必ずしもすべてのクラブを使い分けられるようにする必要はありません。
なので初心者が練習をする際は、 ラウンドでの使用回数の多いクラブを集中的に練習をすることが上達の秘訣 です!
クラブの選び方などについてはこちらの記事でご紹介しています。

クラブケース

クラブケースは練習する際などにクラブを持ち運ぶためのバッグで、3本ほどのクラブを収納することが可能です。
車をお持ちの方はクラブのフルセットを持って行くことも可能ですが、電車移動や徒歩の場合はより身軽なクラブケースが必要になります。
クラブケースは練習で必要な道具が入れば問題ないので、デザインなどが気に入ったものを選びましょう。

店長一押しクラブケース

クラブケースは3本程度のクラブを持ち運ぶのにはもってこいにゃ!
クラブケースでも本番ラウンドは回れなくはないけど、カートにくくりつけると出し入れが難しいにゃ...。本番にはキャディバッグがあると便利にゃ!

ゴルフグローブ

ゴルフグローブは、スイングする時の滑り止め、そして手にマメができるのを防ぐ重要な役割を持っている必須アイテムです。
基本的に右利きの方は左手につけるので、左手用だけでOKです。
日焼けが気になる人は、両手用を選べば手の日焼け防止にも役だちます。
必ず、ゴルフ専用で手のサイズに合ったものを選んでくださいね。
<参考>(日本手袋工業組合調べ)
成人日本人男性平均:23~24cm = Mサイズ
成人日本人女性平均:19~20cm = Mサイズ

店長一押しグローブ

グローブがないと、クラブがすっぽ抜けてとても危ないから必ず用意するにゃ!

ゴルフシューズ

ゴルフシューズにはスイングした時に足元が滑らないよう、裏に滑り止めやスパイクがついています。
一般的な運動靴だとスイングの際に足がブレてしまい、
ショットの質に影響したり、最悪の場合怪我にもつながる可能性があります。
きちんと足にフィットする専用のシューズを準備しましょう。

店長一押しシューズ

紐なしタイプ(ノブを回すタイプ)は、ラウンド中に靴紐を結びなおす必要がないから楽チンにゃ!
メンズシューズ
                               
参考価格 : 10,800円参考価格 : 8,800円参考価格 : 11,923円
ラウンド中のスイング、移動をサポートするグリップ力の高いソールダイヤル操作で簡単に着脱ができるので、ラウンド中の調節も可能スムーズな着脱と、スパイクレスながら高いグリップ力

参考価格 : 10,800円
ラウンド中のスイング、移動をサポートするグリップ力の高いソール


参考価格 : 8,800円
ダイヤル操作で簡単に着脱ができるので、ラウンド中の調節も可能


参考価格 : 11,923円
スムーズな着脱と、スパイクレスながら高いグリップ力
レディーズシューズ
                               
参考価格 : 10,935円参考価格 : 7,776円参考価格 : 10,449円
タイヤメーカーであるブリジストンが開発した高グリップなソール通気性が良く、クッション性にも優れた一足プロでも愛用する選手がいるスパイク付きシューズ

参考価格 : 10,935円
タイヤメーカーであるブリジストンが開発した高グリップなソール

参考価格 : 7,776円
通気性が良く、クッション性にも優れた一足

参考価格 : 10,449円
プロでも愛用する選手がいるスパイク付きシューズ
練習場によってはクラブ、シューズはレンタルを行なっているところもあります。
もし練習までに準備ができない、もしくはゴルフを本格的に始める踏ん切りがついていない場合、まずはレンタルで試して見るのもアリです◎
詳しい練習法については、こちらの記事でご紹介しています。
まとめるにゃ!
    ゴルフクラブ3本...ドライバー、7番アイアン、ピッチングウェッジ(アプローチ)
    クラブケース
    ゴルフグローブ
    ゴルフシューズ
が練習では必要になってくるにゃー。
各アイテムとも場所場によってはレンタルもあったりするから、事前に練習場のホームページを確認してみると良いかもにゃ。ただいずれラウンドでは必要になるから、先に購入しておいた方が最終的に費用は抑えられるにゃ!

ラウンドで必須の道具は?4つの道具とウェアを揃えよう!

さて、打ちっぱなしに必要な道具はこれでOKだね!
それじゃ今度はラウンドで必要な道具を見ていこうか。
なんと...!まだ道具を揃えなきゃいけないのですか...!
打ちっぱなしでは、ボールを打つための環境を練習場側が準備してくれるけど、ラウンドになるとそこから自分で揃えなきゃいけないからね。
とはいえクラブほど高額なものはないから安心して。多くは消耗品だから、ラウンドに行く前に足りてるか確認して必要であれば補充しておこう!
ラウンドでは、打ちっぱなしで準備した道具に加えて、
パタークラブ
マーカー
ティー
ボール
ウェア
の4つの道具と服が追加で必要になります。

パター

パターとはボールをグリーンに乗せたあと、カップにボールを入れるためのクラブです。
グリーンにボールを乗せたら、クラブを変えるんですか?
グリーン上ではボールを浮かさず、転がしてホールに入れるからね。
普通のクラブよりも、専用のパターの方が打ちやすいんだよ。

ちなみに「グリーン上ではパター以外使っちゃいけない」と信じられてるけど、実はパター以外のクラブをグリーン上で使うことは、ルール上問題無いんだよ。
それでもみんなグリーン上でパターを使うのは、芝生を傷つけないように注意して打たなきゃいけないというのと、プロでもミスすることがあるほど難易度が高いから、らしいよ。
一口にパターと言っても、その形状には様々あります。
自分にあったパターの種類を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

マーカー

マーカーって油性か水性かの指定はあるんですか?
華麗なボケをありがとう。マーカーはコインのような円形をしていて、
グリーンで自分のボール位置の目印として置くものだよ。
ゴルフでは、カップから遠くにある人が打つのがルールです。
ボールを転がして入れるグリーン上では、自分のボールとカップとの間に、他人のボールがあったら邪魔で打ちづらいですよね?
なので、ボールがグリーンに乗ったら、前の人が打ち終わるまでボールをどかす必要があります。
その時ボールがあった位置の目印としてグリーンに置くのが、マーカーです。
マーカーにも色々な種類があるけど、マグネット付きで帽子のつばに固定できるものがスマートで使いやすいよ!
マーカーのデザインには様々な種類があり、キャラクターやデザイン性に富んだものなど、アクセサリー感覚で付けることもできます。

店長一押しマーカー

ティー

ティーって、ハーブティー、ブラックティーなんでも良いんですか?
あれ、わざと間違えてる?
ティーは主にドライバーを打つときに、ボールを少し浮かして当てやすくするための棒のことだよ。
当てやすくするって、初心者だけのハンデってことですか?
いやいや、ティーアップ(ティーを使うこと)は誰でも認められてるから気兼ねなく使って大丈夫だよ。
ただしティーグリーン(1打目のショットを打つ場所)など、使用できる場所が制限されてるから、そこさえ守れば使うも使わないも自由だよ!
ティーの長さには、ロングティーとショートティーの2種類があります。
ドライバーでティーを使用して打つときは、やや高めにボールをセットすることでインパクトがしやすくなるため、ロングティーを使用します。
一方ユーティリティーやアイアンなどでティーを使用する際は、
低めにボールをセットする方がインパクトがしやすいため、ショートティーを使用するのが定石です。
ラウンドに行く際は、両方のティーショットに対応できるよう、
ロングティーとショートティー共に用意していきましょう。
なおティーを使用する際は、毎回同じ高さでセットすることがショットを安定させる秘訣です。
そのため初心者には、ティーの高さが自動的に決まるタイプがオススメです。

店長一押しティー

ラウンドには、ロングティーとショートティーをそれぞれ数本持っていくと良いにゃ。ロングティーは真ん中あたりにつっかえがあると、毎回同じ高さでセットできてショットが安定するにゃ!
おすすめロングティー
おすすめショートティー
あとティーの中には、先っぽが取れるものもあるんだよ。
なんと、不良品が混じってるなんて。。
いや、これもちゃんとゴルファーの悩みを考えて作られてるんだよ。
ティーを使用してショットをしていると、ショットが終わった後にティーが飛んで行って行方不明になったり、ティーが折れてしまったり、というのは日常茶飯事です。
そこで、ティーにクラブが当たっても折れないよう、あらかじめティーが二つに分割してされているタイプも人気があります。
下の部分のみであればショートティーとして、マグネットでくっつければロングティーとして使用できます。
おすすめマグネットティー
すごいこだわり...。まさに企業努力ですねぇ

ボール

ボールは流石にどれを選んでも大差はなさそうですね。
硬くて、丸くて、小さくて、どのゴルフボールを選んでも違いはなさそうです。
チッチッチッ、それが見えないところに大きな違いがあるんだよ。ポイントは ボールの中の構造さ。
一見ゴルフボールの外見はどれも同じに見えますが、ボールの中は様々です。
ゴルフの歴史は長く、数百年前のボールにはガチョウやアヒルの羽が詰め込まれていたりしました。
一方最近のボールは、ゴムやレンジポリマーと呼ばれる素材が中に詰まっていることがほとんどです。
そして、それぞれの 階層構造によって 飛距離やスピン性能が向上します。
この表面とコアの硬さのバランスによって、ディスタンス系とスピン系のボールの2種類に大別されます。表面が硬く、コアが比較的柔らかいものは ディスタンス系ボールと呼ばれ、高い反発力ゆえ 距離が出やすいと言われています。
一方表面が柔らかく、コアが固めなものは スピン系ボールと呼ばれ、 スピンをかけたコントロールショットなどに向いている特徴があります。

店長一押しボール

おすすめディスタンス系ボール
おすすめスピン系ボール
ラウンドでボールをたくさん無くしてしまう超初心者でも、価格帯の安いロストボールも売ってるから安心するにゃ。
低価格帯ロストボール
うーん、色々種類があるってことは分かったけど、初心者は何を選べば良いかさっぱり。。。
最初のうちは自分のショットの特性も分からないだろうから、その時買える価格帯のボールを買えばといいと思うよ。
初心者はボールがあちこちに冒険しがちだから、数は多めに準備していこうね。
(初心者はラウンドにボール20個以上持って行けば安心だにゃ!)
ちなみに上達してきたらヘッドスピードや、ボールの軌道の傾向によって自分にあったボールを選ぶと良いよ。
少しずつ自分のショットの傾向が分かってきたら、なるべく毎回同じブランドの同じボールを使うようにしよう。
ボールを変えるたびにショットを修正してたら、 最終的にスイングまで狂わせかねないからね。
ボール・・・恐ろしい子ッ...!
以上の4つの道具に加えて、ラウンドではゴルフウェアを揃える必要があります。

ウェア

トップス、ボトムス、靴下、そして帽子やサンバイザーなどは、ゴルフ専用のウェアとして用意されています。
しかし専用のものしか使用できないわけでは無いので、私服で代用することも可能です。
動きやすい服装だったらなんでも良いんですか〜?こないだ買ったお気に入りのTシャツがあるからラウンドの時はそれ着ようかな♪
残念ながらTシャツはダメだよ。ゴルフには服装マナーがあるから、
男女共にトップスは襟付きポロシャツとかハイネック、タートルネックが基本。
寒い時はその上にカーディガンやブルゾン、ウィンドブレーカーなどを着るよ。
そうなんだ〜残念です。とりあえずジムで着てるジャージで良いかな♪
ジャージ……で…良いわけないでしょう!!ジーパンもマナー違反だからね。
ボトムスはチノパンなどのズボンで、女性はスカートかワンピースも選べるよ。
あと、半ズボンはゴルフ場によって禁止されてたりするから、事前に確認すること。
ひぇ〜服装のルールが多いと忘れちゃいそうです…
ふっ。心配ならポロシャツにスカートを合わせておけば間違いないぞ。
(男性ならポロシャツにチノパンがオススメだにゃ〜)
女性は悩んだらポロシャツにスカートですね!
たしかにゴルフ雑誌で見る女性ってその組み合わせ多いですよね!
ちなみに先輩はどんな女性の服装がお好きなんですか?
そうだね〜僕は昔からOL系ファッションが好きで
...っておい!
(かきかき...)
メモしない!
ラウンドでは練習で購入したものに加えて、
    パター
    帽子
    ティー
    ボール
    マーカー
が必要になるにゃ!
服装は 襟付きのポロシャツ が基本で、男女ではそれぞれチノパンとスカートが定番にゃ〜
詳しい服装は別の記事でもまとめてるにゃ!

結局全体でいくらかかるの?練習で必要な道具の方が大きな割合を占める


ふぅ〜。一気に買うものが増えちゃって、お財布が寂しくなりそうだなぁ…
どれくらいの費用がかかるのか、把握した上で買うものを決めた方が良いと思うよ。
実際に理解をするために、トータルでいくらくらいかかるのかまとめてみたよ。
    練習用合計:5.6万円〜
    クラブ3本 4万円〜7万円
    クラブケース 3000円
    ゴルフシューズ 6000円〜1.3万円
    ゴルフグローブ 600円〜2000円
    ラウンド用合計:1.6万円〜
    パター 8000円〜
    ポロシャツ、チノパン 5000円〜
    靴下と帽子 1200円〜8000円
    マーカーとティー 600円〜2000円
    ボール 1000円〜
回らないお寿司屋さんに行けちゃうくらいの金額ですね!
でも靴下とかポロシャツは家にあるのを使って、
後は必要なものをお得なお店や中古で揃えれば、もっと費用は抑えられますよね!
うん、消耗品以外は繰り返し使えるものだから初期投資だと思ってね!
クラブも、トータルで見ると単品よりセットの方が安かったりするから始めから初心者向けのクラブセットを購入しちゃうという手もあるよ。
ハンバーガーもクラブも、セットで買った方が
お得ってことですね!

なぜ食べ物基準...?

まとめ

打ちっぱなしなどの練習と、実際のコースでのラウンドでは、それぞれ必要な道具が異なります。練習用とラウンド用のゴルフ道具一式を揃えると、目安として約6〜7万円ほどがかかると考えておけば良いでしょう。
新品ピカピカのゴルフ道具で揃えてデビューを飾るか、あえて中古で費用を抑えつつ徐々にグレードアップさせていくかは…そう、あなた次第です。 費用を抑えたい人はまずは必要最低限の道具を揃えて様子をみて、徐々に内に秘めた情熱が燃え上がると共に買い足していくのが良いかもしれません。 一度道具を揃えて練習やラウンドデビューが果たせれば、スポーツとしての楽しさ、そしてゴルフを通じた素敵な人間関係がきっとあなたのことを待っているでしょう! まずは形から。これを機にラウンドデビューへの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?
他の人はこの記事も読んでるにゃ〜